自分にあったものを

診察1

補聴器とは耳の不自由な方が少しでも音を聞きやすくするための補助的役割のものです。人との会話が聞き取れやすくなったり、または少しだけでも音を拾うことができるんです。補聴器の販売されているところは限定されるのですが、難聴の人にとっては欠かすことができないものだと思います。人によって耳の形も違いますし大きさも違います。そこで補聴器はオーダーメイドができるんです。日常生活でずっとつけて言うわけですから耳から落ちないようにしなくてはいけないです。サイズを図ってそれぞれのサイズに合わせて作ります。出来上がるまでに1週間くらいはかかるとは思いますが、そこは店の方に聞いてみてください。健常者の方と同じようにこれがあれば生活できます。

補聴器の販売店は限定されるといいましたが、基本的には眼鏡屋さんで取り扱っています。専門の販売店もありますが主に眼鏡屋さんとなります。もし住んでいる近くに販売店がなければ隣町まで足を運ぶことになってしまいます。通販という方法もあるかもしれませんが補聴器に限ってはしっかりと販売店に行きサイズなど図ったり耳の状態を詳しく調べる必要があります。そして補聴器の金額ですがかなりの料金となるそうです。長いこと使いますから高いのかと思います。パソコンが買えるくらいの値段になると思います。小さいながらにもいろいろ精密にできていますから高いのかと思います。ですが一生使い続けるものですから大事に使ってもらえたらと思います。